【2021年版】ドラマや映画鑑賞などに使えるおすすめプロジェクター!用途別の人気モデルを厳選ピックアップ!!

インテリア・雑貨
この記事は約17分で読めます。
おすすめファッション通販サイト

ファッション通販サイト

PayPayモール(ZOZOTOWN)

PayPayモール(ZOZOTOWN)

4.8

公式サイトへ

楽天ファッション

楽天ファッション

4.7

公式サイトへ

Qoo10(キューテン)

Qoo10(キューテン)

4.5

公式サイトへ

SHOPLIST(ショップリスト)

SHOPLIST(ショップリスト)

4.2

公式サイトへ

GLADD(グラッド)

GLADD(グラッド)

4.0

公式サイトへ

韓国ファッションサイト

BEEP(ビープ)

BEEP(ビープ)

4.8

公式サイトへ

COLLABONATION(コラボネーション)

COLLABONATION(コラボネーション)

4.7

公式サイトへ

BORN CHAMPS(ボーンチャンプス)

BORN CHAMPS(ボーンチャンプス)

4.3

公式サイトへ

DAESE TOKYO(デセトウキョウ)

DAESE TOKYO(デセトウキョウ)

4.1

公式サイトへ

sober(ソーバー)

sober(ソーバー)

4.0

公式サイトへ

ファストファッション

UNIQLO(ユニクロ)

UNIQLO(ユニクロ)

4.8

公式サイトへ

GU(ジーユー)

GU(ジーユー)

4.7

公式サイトへ

無印良品

無印良品

4.6

公式サイトへ

WEGO(ウィゴー)

WEGO(ウィゴー)

4.1

公式サイトへ


PROJECTOR
一家に一台あれば
無限大の臨場感を味わえる
プロジェクター

画像や映像を壁やスクリーンに投影できる「プロジェクター」。


そもそも「プロジェクター」は会議やプレゼンなどのビジネスシーンで使われていましたが、近年では使い勝手がいいことから、近年では、家で「プロジェクター」を用いて、自宅で映画館のような迫力のある映像や臨場感を楽しむ人が増えてきています。

そこで今回は、数あるプロジェクターの中から厳選して家庭用おすすめプロジェクターを一挙にご紹介します。

用途別に分けた製品をピックアップするととも買う前に抑えておきたいポイントをご紹介します。ぜひ、自分に照らし合わせていいプロジェックターに出会って下さい。

家庭用プロジェクターとビジネス用プロジェクターの違い

プロじゃクターは家庭用プロジェクターとビジネス用途で使われるプロジェクターの2種類に分けることができます。
2種類ともそれぞれ特徴があり、異なります。

ざっくりと家庭用プロジェクターとビジネス用プロジェクターの特徴についてご紹介します。

種類1家庭用プロジェクター

家庭用プロジェクターは映像やゲーム利用などを想定している設計されており、色の再現性「画質」を最も重要視したモデルが多いのが特徴。また、素早く画面の微調整がしやすいようなモデルが多くあります。

今となっては、映像を最大限に楽しめるような機能や設定が多く搭載されているモデルも数多く出てきています。

種類2ビジネス用プロジェクター

一方、ビジネス用プロジェクターは、オフィスや会議などで使用することを想定して設計されているモデルが多いのが特徴。

会議などで電気をつけたまま明るい場所でプレゼンできるように、明るさ(ルーメン)の高いモデルが多い傾向にあります。

また、コンセントのないところでも起動できる「バッテリータイプ」のモノも近年でてきており、人気沸騰中です。


画像名
AURA

長年使うなら、「コンセントで差し込むタイプ」を軸とした「バッテリータイプ」のプロジェクターを買っておきたいところ!室内はもちろんのこと、外出時にも使えるため万能と言えます。

プロジェクターを買う前にチェックしておきたいこと

チェック項目1投影距離をチェック

プロジェクターを購入する上で最もチェックすべきポイントは「投影距離」です。
製品によって最大投影距離が異なるため、使用場所や製品スペックを比較しておきましょう。

反対に、投影距離が全く確保できない場所は短焦点プロジェクターがおすすめです。

チェック項目2使用目的・設置したい環境をチェック

使用目的をざっくり明確にし、設置スペースを確認しておきましょう。
設置スペースに余裕がある場合は「ホームプロジェクター」がおすすめです。

また、製品を選ぶ上で最もチェックすべきポイントは設置方法です。
使用目的に合わせた設置場所

使用目的はそれぞれ違いますが、どのようなシチュエーションで使うのか、どのくらいのスペースがあるか事前に確認しておきましょう。

購入したプロジェクターを「テーブルの上に乗せるのか」「三脚で映像を見るのか「天井に映しすのか」など使い勝手が関わってくるので十分に確認しておく必要があります。

また、設置スペースに限りがある場合は「短焦点プロジェクター」がおすすめです


短焦点プロジェクターであれば最小距離が1m未満でも事足りる機種が多く、壁際に設置する際でもストレスなく使えます

プロジェクターの選び方

選び方1プロジェクターの使用目的をチェック

プロジェクターを選ぶ上でもっとも大事なのが「使用目的」です。
ゲームプレイ

プロジェクターでゲームをプレイしたいなら、HDMI端子やゲームモードを搭載しているモデルをチェックしましょう。
また、ゲーム用に開発されたモデルだと「ゲームモード」を搭載したプロジェクターがあり、より高画質な映像でプレイを楽しむことができます。

さらに、映像処理設定を切り替えることで表示遅延を軽減する機能を搭載しているモデルも登場しています。

家庭用プロジェクターでゲームを楽しみたい方はぜひ押さえておきましょう。

映画鑑賞

映画観賞用のプロジェクターを選ぶなら、解像度をしっかりとチェックしましょう。
ビジネス用途の場合は解像度はそこまで重要視しませんが、家庭用プロジェクターで映像を楽しむなら高画質の『4K映像』に対応対応したモデルがおすすめです。

なお、『4K映像』は高額なモデルが多いです。リーズナブルな価格帯のモデルなら、『HD(フルハイビジョン)』に対応したモデルを選びましょう。

予算の兼ね合いでしっかり選んでいきましょう。

選び方2形状で選ぶ

持ち運びに最適な「ポータブル型プロジェクター」

持ち運んで使用するなら断然「ポータブル型のプロジェクター」がおすすめです。

コンセントいらずのバッテリーが内臓されているモデルかをチェックしましょう。
ポータブル型プロジェクターは電源なしで動作するのが最大の特徴です。

野外で使用できるためアウトドアシーンで大活躍。また、比較的コンパクトなサイズの製品が多いため、ビジネス用途にも優れています。

家庭で楽しむなら「据え置き型プロジェクター」

室内で位置を固定して使うなら『据え置き型のプロジェクター』がおすすめです。


ポータブル型と比べて明るく投影できるモデルが多く、より高性能な製品が多いです。

なお、ゲームや映像をクオリティーの高いキレイな画質で楽しみたいなら据え置き型が一強です。

選び方3画面の明るさ(ルーメン)で選ぶ

ルーメン(明るさ)とは?

最大輝度 プロジェクタの明るさを表す値です。 「ルーメン」という単位を使い、数字が大きいほど明るくなります。
家庭用プロジェクタは1000~2000ルーメンが一般的、明るいところで使うビジネス用プロジェクタは2500ルーメン以上の輝度を備えています。

1000ルーメン以下

1000ルーメン以下のモデルはコンパクトサイズのモバイルプロジェクターに多く採用されています。
リーズナブルな価格帯で大画面で投影したいという方、気軽に家庭用プロジェクターを楽しみたい人にはおすすめです。

1000~2000ルーメン

家庭用プロジェクターの明るさの主流が「1000~2000ルーメン」です。なお、高性能なモデルでもルーメン(明るさ)の数値がそこまで高くないモデルもあります。その場合は暗い場所での使用を想定する前提で考えられています。ですので、価格が高いからといってルーメン(明るさ)も比例するとは限らないので、注意しましょう。

2000ルーメン以上

明るい場所で使用する目的が多い場合は「2000ルーメン」以上がおすすめです。ビジネス用途を想定されているため、家庭用で使う場合はオーバースペックになりうる数値です、想定している目的に、製品のスペックが見合うか事前に確認しておきましょう。

選び方4解像度と縦横比をチェック

プロジェクターを使う上で、鮮明に映すために重要なのが「解像度」です。解像度は「800×600」のように表記され、それぞれ「縦方向に800個の点、横方向に600個の点」で画面を投影します。つまり、この解像度が高ければ高いほど鮮明な画面を表示してくれます。

なお、パソコンの画面を投影する場合はパソコン側の解像度とプロジェクターの解像度を合わせるといいでしょう。

また、ゲーム機やBlu-rayプレイヤーと接続するなら、最低でもフルHD対応、予算に余裕があれば4Kに対応しているプロジェクターを選ぶのがセオリー。

選び方5入力・接続端子をチェック

入力や接続に対応する端子が充実しているモデルを選ぶようにしましょう。


ゲーム機やパソコン、Blu-rayプレーヤーなどと接続する場合はHDMI端子が必須。最近の機器は、HDMIで映像と音声の両方の信号を伝送できます。

また、ビジネス用でプロジェクターを購入するなら、パソコンに接続可能な「HDMLとVGA」の両方に対応できるモデルを選びましょう。また、USBポートやmicroSDカードスロットもあればなお拡張性が高く、使い勝手は良好です。

高品質なプロジェクターを取り扱うおすすめメーカー

高品質なプロジェクターの作り出す、メーカーを一挙にご紹介します。

メーカー1ソニー(SONY)

高い技術と安定的な信頼で世界を魅了するメーカー「ソニー(SONY)」。
プロジェクターに関してはいち早く4Kに対応し、全体的にサイズや重量よりも画質を重視した大型モデルが多いのも特徴です。

安心安全なメーカーなため、長く使い続けれるプロジェクターを探している方はおすすめです。

メーカー2ベンキュー(BenQ)

ベンキュー(BenQ)は比較的安価な電気製品を展開している台湾メーカーです。
コンパクトサイズのプロジェクターから据え置き型のプロジェクターモデルまで数多くのラインナップをそろえているのが特徴です。

リーズナブルな価格帯のモデルを探している方は、ぜひおすすめです。

メーカー3エプソン(EPSON)

国内外におけるビジネスモデル向けのプロジェクターにおいて、トップクラスでシェアを獲得しているエプソン(EPSON)。

高品質な製品はもちろん、プレゼンや会議などビジネス用途で使いやすい機能が詰まったモデルが多いのが特徴。

家庭用途とビジネス用途で探しているならぜひおすすめのプロジェクターです。

人気モデルプロジェクター!使用目的別に厳選ピックアップ

各モデルの形状やスペックごとに分けてランキングでご紹介します。

ぜひ、あなたにあったプロジェクターを選んでください。

なおランキングは、著者おすすめ・Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキングをもとにして順位付けしています。

参考までに、プロジェクターのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

低価格モデル | ランキング3選

低価格でおすすめのモデルをランク付けをしてご紹介します。
また、気になる製品があればチェックして、家族やカップル同士で映画鑑賞やゲームを大画面スクリーンで楽しんでください。

3

QKK WiFiプロジェクター

WIFIモジュールが内臓され、インターネットに繋がりWIFI経由で簡単にプロジェクター映像を楽しめます。
スマートで小型のため、野外キャンプや旅行に持っていき野外でも映画などを鑑賞できます。
様々な入力ポートが備えられており、ビデオゲームはもちろん、動画やゲームも十分な大画面で味わうことができます。

サイズ・素材・備考
メーカーQKK
明るさ(ルーメン)4000ルーメン
解像度横1920px 縦1080px
インターフェースAV、USB、microSD、VGA、HDMI

2

TOPVISION ホームプロジェクター

コスパに秀逸なホームプロジェクター。
明るさは5000ルーメン、コントラスト3500:1で明るさ70%アップし、鮮明な発色で画像や映像を楽しめます。
本体には2つのスピーカーを採用しており、外付けスピーカーを接続しなくてもHIFIステレオレベルのサウンドを体験できます。
コンパクトな上、画質がよく、コスパも良いプロジェクターをお探しの方はぜひおすすめです。

サイズ・素材・備考
メーカーTOPVISION
明るさ(ルーメン)5000ルーメン
解像度横1920px 縦1080px
インターフェースVGA, USB, HDMI, SDカード, AVポート

1

GooDee プロジェクター

ワイヤレス接続で映像を楽しめる小型プロジェクター。
リーズナブルな価格な上、高品質なプロジェクターで大画面映像を楽しめます。
幅広い端子も接続できるため、幅広い機器が接続できます。
HiFiスピーカーも搭載しており、外付けのスピーカーと接続しなくともステレオオーディオだけで高品質に視聴できる秀逸の小型プロジェクターです。
リーズナブルな価格でお探しの方はぜひおすすめです。

サイズ・素材・備考
メーカーGooDee
解像度800 x 480
画面投影サイズ30~200インチ
インターフェースAV、VGA、USB、HDMI

小型モデル | ランキング3選

外出時やアウトドアシーンで存分に楽しめる「小型モデル」。

『キャンプシーン』や『ドライブ後の車内』などで暗闇の中、存分に映画や動画を楽しむことができます。

3

Artlii play プロジェクター

普通のプロジェクターとひと癖違う「Artliiプロジェクター」。
ワイヤレス接続と有線接続の2つの方法で画面ミラーリングを実現することにより、画面を自由に楽しむことができます。
このプロジェクターに持ち手がついており、簡単に持ち運ぶことが可能。さらに、ご家庭に白い壁があれば手軽に映像を投影することができます。
外出時はもちろん、家庭でも存分に映像や動画を楽しむことができる唯一無二のプロジェクターです。

サイズ・素材・備考
メーカーArtlii
明るさ(ルーメン)6000ルーメン
解像度1080p Full HD
投影距離1.14-6.5m
投写サイズ31-200インチ

2

Crosstour プロジェクター ミニ

コンパクトなサイズ感で持ち運びに優れている「Crosstourプロジェクター」。
先進的なDLP技術で高精細な大画面で映像を楽しめるコンパクトプロジェクター。
手のひらサイズで内臓バッテリー(1.5~3時間)を内臓されており、コンセントなくとも外出時や野外で存分に楽しむことができます。

サイズ・素材・備考
メーカーCrosstour
明るさ(ルーメン)5000ルーメン
解像度横1920px 縦1080px
インターフェースUSB, HDMI

\ 気になるアイテムは要チェック /

1

Anker プロジェクター

MONOQLO編集部が2019年にテストした約500製品の中で「最も感動した完璧プロジェクター」として年間ベストバイに選ばれた「Anker Nebula Capsule II」。
世界初のAndroid搭載のモバイルプロジェクターで様々なプラットフォームの映像を存分に楽しむことができます。
中でも人気なのがサイズ感。500mlのアルミ缶よりも小さいコンパクトサイズで、持ち運び楽々。アウトドアシーンには野外で映画や動画を十分に楽しめます。

サイズ・素材・備考
メーカーAnker
解像度1280 x 720
電源バッテリー
インターフェースHDMI、USB-C、AUX、USB-A

4K対応モデル | ランキング3選

外出時やアウトドアシーンで存分に楽しめる「小型モデル」。
『キャンプシーン』や『ドライブ後の車内』などで暗闇の中、存分に映画や動画を楽しむことができます。

3

VANKYO プロジェクター

ワイヤレス機能を備えた高解像度プロジェクタ「VANKYO プロジェクター」。
Wi-Fi機能ミラーリングが決め手で選ばれているプロジェクターモデル。
比較的安価な4K対応のモデルといえます。
業界初の5G対応モデルで手軽にWI-FI接続で映画やドラマを楽しめます。
また、明るさ(ルーメン)も7500ルーメンと十分に明るく、家庭で使うプロジェクターはもちろんビジネス用途にも大活躍するプロジェクターです。
4K対応のプロジェクターをお探しの方はぜひおすすめです。

サイズ・素材・備考
メーカーVANKYO
明るさ(ルーメン)7500ルーメン
解像度1920*1080p
投影距離1.6-9.2m
投写サイズ46-300インチ

2

LG 4K LEDプロジェクター

大画面でリアリティあふれる高精細映像を楽しめる「LG 4K LEDプロジェクター」。
フルHDの4倍の情報量となる4K(3840×2160)の絵宇治yを最大140インチの大画面で実現できるモデル。
映画館のような迫力のある高精細な美しい映像を楽しむことができる唯一無二のプロジェクターです。
ダイナミックな映像と4K映像を存分に楽しみたい方はぜひおすすめのモデルです。

サイズ・素材・備考
メーカーCrosstour
明るさ(ルーメン)1500ルーメン
解像度 4K(3840×2160)
インターフェースHDMI×2、S/PDIF、ヘッドホン、USB×3

\ 気になるアイテムは要チェック /

LG 4K LEDプロジェクター HU70LS ホワイト[HU70LS]
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥ 161,700(2021/07/11 02:30時点)

1

EPSON dreamio ホームプロジェクター

これ1台で、音も映像も楽しめるコンパクトモデル。
ネット動画を楽しむためのオールインワンの秀逸なプロジェクターモデルです。
明るい高品質な映像を存分に楽しめることができ、壁だけでなく縦置きにして天井にも簡単に投写が可能です。
ですので、寝室のベッドやソファーにリラックスしながら大好きな映画やドラマ、動画を存分に楽しめます。
企業にも採用されているモデルでレビュー評価も申し分なし。
家庭で一台いいプロジェクターをお探しの方はぜひおすすめです。

サイズ・素材・備考
メーカーEPSON
明るさ(ルーメン)2000lm
スクリーンサイズ30型~150型
インターフェースUSB, HDMI

プロジェクターの売れ筋ランキングをチェック!

なお参考までに、プロジェクターのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

ライターからひとこと

小型モデルから4Kモデルの人気プロジェクターを一挙にご紹介しました。
最近のプロジェクターは画面の性能や明るさ(ルーメン)が大幅に向上しています。
4Kモデルは高精細なため、映像はもちろんのこと文字もはっきりと読めるほど高画質に移しだすことができます。

ネット動画やゲームを大画面で楽しみたい方は。ぜひプロジェクターを導入してみてはいかがですか。

© 2019 AURA.