メンズ財布の形・種類について

財布・ファッション小物
この記事は約5分で読めます。
おすすめファッション通販サイト

ファッション通販サイト

PayPayモール(ZOZOTOWN)

PayPayモール(ZOZOTOWN)

4.8

公式サイトへ

楽天ファッション

楽天ファッション

4.7

公式サイトへ

Qoo10(キューテン)

Qoo10(キューテン)

4.5

公式サイトへ

SHOPLIST(ショップリスト)

SHOPLIST(ショップリスト)

4.2

公式サイトへ

GLADD(グラッド)

GLADD(グラッド)

4.0

公式サイトへ

韓国ファッションサイト

BEEP(ビープ)

BEEP(ビープ)

4.8

公式サイトへ

COLLABONATION(コラボネーション)

COLLABONATION(コラボネーション)

4.7

公式サイトへ

BORN CHAMPS(ボーンチャンプス)

BORN CHAMPS(ボーンチャンプス)

4.3

公式サイトへ

DAESE TOKYO(デセトウキョウ)

DAESE TOKYO(デセトウキョウ)

4.1

公式サイトへ

sober(ソーバー)

sober(ソーバー)

4.0

公式サイトへ

ファストファッション

UNIQLO(ユニクロ)

UNIQLO(ユニクロ)

4.8

公式サイトへ

GU(ジーユー)

GU(ジーユー)

4.7

公式サイトへ

無印良品

無印良品

4.6

公式サイトへ

WEGO(ウィゴー)

WEGO(ウィゴー)

4.1

公式サイトへ


人気が高い形の財布は長財布と2つ折り財布ですが、そのほかにも機能性に富んだ実用性財布はほかにもあります。

そこで今回は人気の高い財布の形から流行財布の種類や形を一挙にご紹介しています。
また、財布の形に添ったメリットとデメリットを紹介。

自分のライフスタイルに合う財布の形やプレゼント選びの参考にしてください。

メンズ財布の形や種類

財布選びはブランドや素材で選ぶ方も多いと思いますが、使い勝手の良さから形状で選ぶのも大事なポイントです。

種類①バッグやカバンを持ち運ぶなら長財布

常日頃バッグを持ち運ぶなら定番かつ人気の高い長財布がおすすめです。
大量のカードや硬貨、お札を収納でき、見た目もスタイリッシュなデザインが多いためフォーマルシーンにも活躍できる人気の高い形です。

一方、ズボンのポケットに長財布を入れる人は、半分以上財布が出てしまうことがあり盗難や紛失の可能性が高くなりますので持ち運びはバッグか手で持つのが◎。


また、長財布をポケットに入れたまま座ってしまうと形状が崩れてしまう恐れがあるのでポケットに財布を入れる方はあまりおすすめできません。

長財布のメリット

  • 大容量で収納力が高い
  • 見た目はスタイリッシュ
  • 紙幣に折り目がつかない
  • カードや硬貨・紙幣の出し入れがラク
  • 形状がシンプルで手入れがしやすく寿命が長い
  • 長財布のデメリット

  • ポケットに入れる人は盗難や紛失の可能性がある
  • ポケットに入れたまま座ると形状が崩れる可能性がある
  • カード・硬貨・紙幣を大量に入れすぎるとボリュームが出る
  • かさばる恐れがある
  • 種類②持ち運びやすい2つ折り財布

    買うときに長財布と比較して迷ってしまうほどの人気が高い2つ折り財布。
    ポケットにちょうど良く収まりコンパクトで持ち運びやすく日常使いで大活躍してくれます。

    一方、カード収納は長財布に比べると劣ってますがカードをあまり持ち運ばない人には最適な形です。
    2つ折りの財布は、紙幣が折って収納されてしまうため、ファーマルな場で使うのはあまり適していません。

    2つ折り財布のメリット

    • コンパクトでかさばらない
    • 必要最低限のカードは収納できる
    • ズボンのポケットに収まる
    • 持ち運びもラクラク

    2つ折り財布のデメリット

    • 紙幣が2つに折れてしまう
    • 革を曲げる行為が多いため傷ついたり劣化しやすい

    種類③コンパクトながら収納力が高い3つ折り財布

    コンパクト×収納を兼ね備えるのが3つ折り財布。
    手ぶらで外出する人やキャッシュレス決算が多い方や財布の中身を最小限に抑える人はかなりおすすめです。

    バッグを持たずともポケットやズボンで餅粉運びできるサイズ感がグット。

    一方、財布の中身がたくさん入っているとかなり厚みが増してしまうため、人によってはポケットに入らない可能性もあります。

    3つ折り財布は収納力がないと思われがちですが、アイテムによっては2つ折り財布と同様の収納力を兼ね備える財布もあります。

    3つ折り財布のメリット

    • コンパクトながらある程度の収納力がある
    • 持ち運びやすい
    • 小型で小回りが利く
    • キャッシュレス化や手ぶらで外出する人は最適

    3つ折り財布のデメリット

    • 紙幣に折り目がつく
    • 入れすぎると厚みがでてしまう

    種類③キャッシュレス派ならミニ財布

    ミニ財布は、極小財布などとも呼ばれ、ポケットにも入れれるほどのサイズ感。
    手ぶらで外出する方やキャッシュレス決算する方はおすすめです。

    収納力は2つ折り・3つ折りに比べると劣りますが、最近では収納性にこ優れたミニ財布が増えてきてます。

    サブ財布としてちょっとした買い物時や決まった買い物時に行くときに活躍すること◎。

    ミニ財布のメリット

    • コンパクトで手軽
    • 紙幣も収納できる

    ミニ財布のデメリット

    • 最低限のモノしかはいらない
    • 入れれる容量がない

    種類⑤スマートなお札入れならマネークリップ(小銭入れなし)

    札入れ・マネークリップ・純札などいろんな呼び方があり、「お札を入れてから二つに折る財布+カード入れあり+小銭入れが付いていないもの」を指します。

    財布というより、お札を入れることだけに特化した財布です。最近では、カードと小銭入れが一緒になったものが増えきてます。

    札入れなしやマネークリップの基本は、小銭入れを別途用意する必要があります。
    小銭入れがない分、お財布のシルエットはスマートかつ変な型もつくことなく長く保つことができます。

    マネークリップ(札入れ)はポケットの構造、開きやすさ、ステッチの面白さなど細かな部位にこだわりがあるのも魅力のひとつ。

    お会計はほぼクレジットカードや電子マネーで済ませるというキャッシュレス決済派の方におすすめです。

    マネークリップのメリット

    • コンパクトさとスマートさがいい
    • 薄く洗練されたデザインが多い
    • 上品なのでフォーマルな場面でも使える

    マネークリップのデメリット

    • 小銭入れが必要
    • 小銭入れ+札入れが必要なため2つことになる

    種類⑥コインケース

    小銭を収納を主目的とした財布です。
    ちょっとしたお買い物時に瞬時に小銭を取り出せることが最大の魅力で、長財布やマネークリップ(札入れ)との相性は◎。

    ただ小銭入れだけでは済まない買い物の際には他の財布と使い分けしないといけないので、手間がかかってしまいます。

    小銭入れは洗練さやこだわる人におすすめしたいアイテム。お値段もお手軽なものが多くちょっとしたプレゼントにも最適です。

    コインケースのメリット

    • コンパクトで小銭の出し入れがしやすい
    • サブ財布として最適
    • 札入れなし財布にはとても便利
    • お値段がお手頃でバラエティー豊富

    コインケースのデメリット

    • 財布として使う場合、お札は入りにくい

    ということで今回はメンズ財布の形と種類のメリット・デメリットをご紹介しました。

    いずれも一長一短があって各財布とも良し悪しあります。
    自分が持ってるカードの量や硬貨・紙幣の量など確認し長く使える財布を選んでください。

    やはりフォーマルな場面やカジュアルな場面で使える財布がいいのかもしれません。

    © 2019 AURA.