知っておきたい!!人気おすすめラグジュアリーブランド16選!!

ウェア・コーデ
この記事は約15分で読めます。

お洒落さんなら知っておきたいストリートファッションブランドを一挙にレコメンド。
斬新なデザインやあまり馴染みのないデザインがあなたはハマるかもしれません。

ぜひ参考にしてみて新しいファッションデザインに触れ合ってみてください。

編集者がおすすめするハイファッションブランド16選

ここでは、人気なものから私がオススメしたいハイファッションブランドをご紹介。
一つ二つコーデに入れてみても違うテイストのコーデになります。ぜひ取り入れてみては!!

ハイブランド①A-COLD-WALL*

《 OFF-WHITE 》をディレクションする「Virgil Ablohヴァージル・アブロー」のアシスタントを務めていたデザイナー「Samuel Ross サミュエル・ロス」により、2015年にUKで立ち上げられた《A-COLD-WALL* ア・コールド・ウォール》。
建築構造や建築設備にインスピレーションを受けたデザインが特徴で、コンクリートをイメージしたオーバーダイ加工や、工業資材をデザインに落とし込んだ独自のアプローチがブランドのアイデンティティとなっている。
また、コレクション内にはデザイナー自らがひとつひとつペインティング加工を施した一点物のアイテムも多く展開されている。

ハイブランド②Y-3 (ワイスリー)

2003年10月、アディダスとのコラボレートブランド「Y-3」を発表。アディダスのトレードマークである3本線の配置やパターン、色使いに山本耀司氏が作り出す独特なテイストを加えて、トレンド、ファッション性の高いスポーツウェアやシューズ、モダンなスポーツスタイルを表現。
近年ではY-3が発表した革新的なプレミアムスニーカー『Qasa(カーサ)』シリーズが世界中で高い評価を集め、昨今のスニーカーシーンに大きな影響を及ぼしている。

ハイブランド③BAO BAO ISSEY MIYAKE

デザイナー・三宅一生が設立したブランドIssey Miyake(イッセイ・ミヤケ)から、2010年に誕生したバックブランドBao Bao Issey Miyake(バオバオ・イッセイ・ミヤケ)。
三角形のピースを組み合わせて自由自在な形を無限に作り出すという革新的なコンセプトと製法により、一目見ればBao Baoだとわかるアイコニックなバッグを生み出しています。使うごとにフォルムが変化し生み出される、偶然による美しさを楽しめるのも魅力です。

ハイブランド④M I S B H V (ミスビヘイブ )

女性デザイナーNatalia Maczek(ナタリア・マクゼック)が立ち上げた、ポーランド発のMISBHV(ミスビヘイブ)。
友人の為にTシャツ・スウェットの製作やリメイク等を行なっていくうちに、その活動が本格化。70〜80年代の音楽やスケート、映画など、様々なカルチャーをデザインソースとしたアートワークが最大の特徴です。

ハイブランド⑤mindseeker

マインドシーカー(mindseeker)とは、2015年に発足した日本人とアメリカ人のデザインチームによるロサンゼルス発のメンズブランドです。
VANSとのコラボレーションをきっかけに話題となり、ブランドの名が知れ渡ることとなりました。マインドシーカーの特徴として知られるのが、1stコレクションから続いているドローコードが装飾されたデザイン。
他にはないデザインがストリートシーンで注目を集めています。

ハイブランド⑥BAPE

BAPE(ベイプ)ことA BATHING APE(ア・ベイシング・エイプ)は、1993年にスタートした日本のブランド。
名だたるインターナショナルブランドや著名アーティストとのコラボレーションを数多く成功させ、ファッションの枠にとらわれない、ジャンルレスな活動を⾏っています。
オリジナルパターンやキャラクターをあしらったアイコニックなTシャツや、スウェットシャツ、スニーカーにご注目。BAPEが繰り広げる世界観をぜひ手に入れ感じられては!!

ハイブランド⑦ACNE STUDIOS

世界中に北欧デザインのファンを増やし続ける、スウェーデン発のAcne Studios(アクネ・ストゥディオズ)。
アートやカルチャーに造詣が深いクリエイティブディレクター、Jonny Johanssonが生み出すコレクションは、ひねりの効いたエッセンシャルなアイテムばかり。
Acne Jeans(アクネ・ジーンズ)としてスタートした当初から残るブランドDNAを余すところなく発揮した、デニム好きにはたまらない「Blå Konst」ラインにもご注目。

ハイブランド⑧A.P.C.

Jean Touitou がA.P.C.(アー・ペー・セー)をスタートした1986年、彼のミニマルで都会的なデザインは、当時のパリで主流だった煌びやかで派手なファッションに逆行するものでした。
そのスタイルは現在も変わらず、例えばブレトンストライプのセーターや遊び心溢れるスモックワンピース、ウェッジアンクルブーツなど、無駄を削ったシックな定番アイテムを揃えるA.P.C. は、スタイリッシュなカスタマーから人気を集めています。

ハイブランド⑨Supreme

James Jebbia(ジェームス・ジェビア)によってニューヨークのダウンタウンにあるスケートショップとして発足したSupreme(シュプリーム)。
若者文化のメッカから世界的なストリートウェアのアイコンへと変貌を遂げ、その過程で最も著名なデザイナー、アーティスト、ミュージシャンとコラボレーションしています。

ハイブランド⑩Undercover

Undercover(アンダーカバー)は、文化服装学院卒の高橋盾が1990年に創立したブランド。アメリカの文化やイギリスのパンクシーンを感じさせるクールな東京っぽさが、ストリートを中心にカルト的な人気を獲得している。
美しいけれどどこか不気味な、独特の世界観をお楽しみください。

ハイブランド⑪Palm Angels

イタリアで誕生したPalm Angels(パーム・エンジェルス)は、イタリアならではのテーラリング技術にアメリカ文化を融合し、他にはないスタイルを生み出しています。アメリカ西海岸を感じさせる、リラックスムード漂うスケーターアイテムがラインアップ。
人気のTシャツやスウェットシャツ、スニーカーにご注目ください。

ハイブランド⑫FEAR OF GOD

Fear Of God(フィア・オブ・ゴッド)は、Jerry Lorenzo(ジェリー・ロレンゾ)によってロサンゼルスで設立されたストリート系ファッションブランド。
イコノグラフィーやグランジミュージックを源とするデザインが特徴です。
ジャンルの垣根を越えてさまざまなカルチャーシーンで活躍するJerryならではのテイストが、ヴィンテージ風Tシャツやオーバーサイズのパーカー、ハイカットスニーカーなどで構成されるコレクションに反映されています。

ハイブランド⑬OFF-WHITE

Virgil Abloh によるラグジュアリーストリートウェアレーベルOFF-WHITE(オフホワイト)。
建築のバックグラウンドを持つ Ablohのクリエーションは、自身のセレクトショップで販売していた前身ブランド Pyrexで勢いに乗り、現在の形態へ進化。
独自のグローバルな視点から生み出した新しいコンセプトのもと、ジェンダーレスで都会的なコレクションを発信しています。

ハイブランド⑭SAINT LAURENT

「モードの帝王」と呼ばれたYves Saint-Laurent(イブ・サン=ローラン)の美学を継承するフレンチメゾン、 Saint Laurent(サンローラン)。
新クリエイティブディレクターのAnthony
Vaccarello(アンソニー・ヴァカレロ)が描く幅広いコレクションで、同ブランドの人気は留まるところを知りません。
ミニ財布ブームの火付け役《フラグメント》シリーズや、洗練されたスタイルを叶える《コートクラシック》スニーカー、アイコニックなシャツなど、サンローランらしいアイテムをお楽しみください。

ハイブランド⑮RICK OWENS

エッジの効いたグランジスタイルで独自の世界観を表現する、ロサンゼルス生まれのデザイナー Rick Owens(リック・オウエンス)。
退廃的なムードとロックスピリットが共存するコレクションは、リアーナやマドンナをはじめとした有名アーティストの間でも高い人気を誇ります。

ハイブランド⑯Maison Margiela

2014年にMaison Margiela(メゾン・マルジェラ)のクリエイティブディレクターに就任したJohn Galliano(ジョン・ガリアーノ)は、ブランドを象徴する脱構築的デザインを踏襲し、クラシックなシルエットを蘇らせました。非の打ち所のないハイクオリティなテーラリング技術が堪能できるトレンチコートやドレス、シャツのほか、
グリッターやパテント、メタリックカラーで彩られたアイコニックな《Tabi(タビ)》シリーズのブーツも必見です。

© 2019 AURA.