おしゃれに着こなすなら「I・Y・A」シルエットを理解しよう。着こなしのワンランク上へ。

ウェア・コーデ
この記事は約5分で読めます。
おすすめファッション通販サイト

ファッション通販サイト

PayPayモール(ZOZOTOWN)

PayPayモール(ZOZOTOWN)

4.8

公式サイトへ

楽天ファッション

楽天ファッション

4.7

公式サイトへ

Qoo10(キューテン)

Qoo10(キューテン)

4.5

公式サイトへ

SHOPLIST(ショップリスト)

SHOPLIST(ショップリスト)

4.2

公式サイトへ

GLADD(グラッド)

GLADD(グラッド)

4.0

公式サイトへ

韓国ファッションサイト

BEEP(ビープ)

BEEP(ビープ)

4.8

公式サイトへ

COLLABONATION(コラボネーション)

COLLABONATION(コラボネーション)

4.7

公式サイトへ

BORN CHAMPS(ボーンチャンプス)

BORN CHAMPS(ボーンチャンプス)

4.3

公式サイトへ

DAESE TOKYO(デセトウキョウ)

DAESE TOKYO(デセトウキョウ)

4.1

公式サイトへ

sober(ソーバー)

sober(ソーバー)

4.0

公式サイトへ

ファストファッション

UNIQLO(ユニクロ)

UNIQLO(ユニクロ)

4.8

公式サイトへ

GU(ジーユー)

GU(ジーユー)

4.7

公式サイトへ

無印良品

無印良品

4.6

公式サイトへ

WEGO(ウィゴー)

WEGO(ウィゴー)

4.1

公式サイトへ


いくら高価でデザインがいいからといってもシルエットから着こなしてなければ台無しです。

はたまた、リーズナブルな価格帯の洋服でもしっかりとしたシルエットで着こなせればオシャレ度をグレードアップできます。

つまり、ファッションの着こなしシルエットを理解すればオシャレを演出できます。

おしゃれに見せる抑えるポイントは3種類あります。簡単に説明すると以下となります。

オシャレに見えるシルエット3種類

  • 上半身も下半身も同様の「Iライン」
  • 最も作りやすいシルエットであり、最も定番なシルエットです。

  • 上半身にボリュームがあり下半身は細い「Yライン」
  • トップスがゆったり目、ボトムスは細いシルエットです。
    大柄な体型やお腹まわりの体型をカバーできるのも魅力のシルエット。

  • 上半身が細く下半身は太い「Aライン」
  • ワイドパンツがキーアイテムになるシルエットです。
    スポーツなどで下半身に筋肉がついてる方などは体型がカバーされるのも魅力的です。

オシャレに見せる着こなしシルエット3モデル。

シルエット1ジャストサイズに着こなすなら「Iライン」

Iラインは、上下のアイテムのボリュームを抑え、ジャストサイズで着こなすことができるシルエットです。

最も無難な着こなかたで、ラインを崩すことない万能着こなしです。


メンズファッションの中でも一番簡単な着こなしで万人受けも間違いないです。

「Iライン」のここがいい

背が低い方や体が太めの方でも、Iラインを利用すればすっきりとした印象に。

「Iライン」を着こなすためにまずは自分のジャストサイズの服を揃えましょう。

抑えておくべき「Iライン」コーデを組むときのポイント

ポイント1トップスやアウターはタイトめに!

肩のラインがジャストサイズのトップスを選ぶのがいいでしょう。
でかすぎず、丈が短すぎないアイテムを選べば問題ないです。

ポイント2パンツも同様にタイトめに!

スキニーがきつければ、アンクルパンツで「Iライン」を表現できます。

シルエット2上半身アイテムが最大限に引き立つ「Yライン」

Yラインとは、上半身のアイテムはオーバーサイズ、下半身のアイテムはボリュームを抑えるための細身のボトムスでできるシルエットです。
男性が「Yライン」シルエットだと、女性的・中性的な印象が出ます。

顔の骨格が丸顔だったり中性的な感じだと相性抜群です。
また、足が長い方や背が高い方は「Vライン」はおすすめ。

「Iライン」よりやや上級者向けで、韓国スタイルに近づけるシルエットになります。
「Yライン」のここがいい

普段のサイズよりワンサイズかツーサイズ大きめに着るため身体が大柄な方や体のラインをごまかしたいひとにもおすすめです。

抑えておくべき「Yライン」コーデを組むときのポイント

ポイント1トップスやアウターは大きく

トップスやアウターがとにかく横に広いアイテムがおすすめです。
着丈は程よく長くなく短いがベストです。

ポイント2パンツは細めのシルエットを

「Yライン」コーデを組むなら、程よくタイト目なスキニーやアンクル丈のスラックスを合わせるとまとまり感アップ。
ダボついたパンツはバランスよくまとまらないのでNG。

ポイント3シューズはシンプルなもの

トップスが大きい分カジュアルな印象になります。
なるべく、シューズは目立たないシンプルなデザインを選ぶのがいいでしょう。

シルエット3こなれ感を演出するなら「Aライン」

Aラインとは、上半身のアイテムはボリュームを抑え、下半身のアイテムはボリュームを出すことでできるラインです。「Yライン」と真逆です。

「Aライン」のキーアイテムになるのが「ワイドパンツやカーゴパンツ」です。このアイテムさえあれば「Aライン」のシルエットがすぐできます。

「Aライン」は「Yライン」と真逆で、男らしさだったりワイルドさを演出できます。

また、「Aライン」は「Yライン」と違ってキレイなシルエットを作りやすく、バランスよく整えれば洗練されたシルエットになります。

「Aライン」のここがいい

「Aライン」は比較的、失敗する心配もなく初心者の方でも気軽に取り入れることができます。

抑えておくべき「Aライン」コーデを組むときのポイント

ポイント1パンツは太いワイドなパンツを!

「Aライン」のパンツは「ワイドパンツ」か「カーゴパンツ」もしくは「フレアパンツ」を。
Aラインの基礎になるパンツは太めのパンツをはきましょう。

ポイント2トップスはショート丈かロングコート!

ワイドパンツなどの太いパンツは上半身が大切です。
最近では、若い世代でシャツインスタイルでダボつきすぎないシルエットになるため、
きれいなAラインを実現できます。

タイラーからひとこと

今回は、「Iライン」「Yライン」「Aライン」のシルエットをご紹介しました。
この3つのシルエットさえ覚えて実践すればワンランク上の着こなしを実現できます。
ぜひ試してみてくださいね。

© 2019 AURA.